大学生の一人暮らしでかかる生活費はどれくらい必要か?平均額や費用内訳を調査

大学生の一人暮らしでかかる生活費はどれくらい必要か?平均額や費用内訳を調査

大学生の一人暮らしでかかる生活費はどれくらいでしょう。大学生の一人暮らしは家賃、光熱費、通信費用、交際費、日用品などありとあらゆる面でお金がかかります。また、大学生のうちは社会人と比べて収入が少ないので、一人暮らしは結構大変です。

この記事では学生の生活費の内訳と節約する方法、地方と都会の家賃の差、バイト代や仕送り額の平均を紹介します。

一人暮らし大学生がうまくやりくりできるコツや必要なバイト代など詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください!

学生の生活費の内訳をチェック


学生一人当たりの生活費の内訳はどれくらいでしょう。今回は、国立大学・私立大学・中間部、夜間部で一人暮らしする全ての大学生の平均額を表にまとめています。

出典:独立行政法人日本学生支援機構「平成30年度学生生活調査」

学生一人暮らしの生活費合計は年間で上記のようになります。月の平均にしてみると約12〜14万円。上記の金額には学費が含まれていませんが、学費を払う必要がある人はさらに生活が厳しいでしょう。

上記の表を見ると、家賃が一番多いのが分かります。特に、都内の大学に通う大学生はワンルームだけでも6〜7万円近くの家賃がかかるでしょう。とはいえ、実家暮らしや寮暮らしができない場合は家を借りるしかありません。

次に多いのが食費です。食費は授業やバイトが忙しくてなかなか自炊ができない人が多いでしょう。また、大学生は友達とのご飯や飲み会、サークルのお付き合いなども多いです。外食費用を含めると結構な金額になります。

次は光熱費です。光熱費用も実家暮らしでない限り結構な金額になります。光熱費用はなかなか減らせない項目で、普段から家にいることが少ない人でもある程度はかかってしまいます。家賃と合わせて考えると、毎月の出費額は大きいです。

次は通信費用です。現代の大学生で携帯を所持しいない人は少なく、誰もがスマートフォンを持っています。スマートファンは安いプランもありますが、安いプランでも毎月7000円近くかかってしまうことが多いです。

次は交通費です。大学に通うまでの定期費用、バイト先に通うまでの交通費、その他の交通費など、あまり目立たないですが、結構な金額になってしまいます。とはいえ、なかなか減らそうと思っても減らせられないのが現実です。

次に日用品や娯楽品です。日用品や娯楽品は避けては通れない出費であり、特に日用品は洋服やキッチン用品、水回り用品など必要なものばかりです。また、娯楽品も趣味の出費など様々なものがあるので、月に10000〜15000円ほどはかかってしまいます。

最後に交際費です。交際費は友達やサークルでのお付き合い、恋人とのお付き合いでかかる費用をいいます。大学生の交際費は月に10000円以上かかることが多いですが、人間関係を良好に保つためにも必要な出費なので中々減りません。

以上、これらが一人暮らし大学生の出費の内訳です。

一人暮らしで節約するコツ

 


一人暮らし大学生の生活費の内訳を見て分かる通り、一人暮らしはお金がかかります。大学生は学生なので勉強を疎かにしてはいけません。しかし、多くの大学生が生活費を賄うためにバイトにたくさんの時間を費やし、勉強に使う時間がなくなることが多いです。

そんな時は、毎日の生活で節約を心掛けることで、生活費が浮き、勉強に使う時間も確保しやすくなります。

①洗濯はまとめてする

まずは、洗濯はまとめてするのが良いです。毎日洗濯をする人も多いと思いますが、毎日洗濯をすることで電気代と水道代が多くかかってしまいます。

まとめてすることで一度でたくさんの量を洗えるので、水道代や電気代が節約できておすすめです。

②日用品は詰め替えを使う

2つ目は、日用品は詰め替え用品を買うことです。詰め替え用品はボトルに入っているものよりも値段が安く、前まで使っていたボトルに入れて使えます。

「詰め替え用品を買ってもそこまで節約にならない」と思う人もいますが、一本あたり100〜200円安いので、年間で考えると数千円節約できます。

また、詰め替え用品はかさばらないのでストックとして置いておくにも便利です。

③こまめに電気のチェック

3つ目は、こまめに電気のチェックです。「朝慌てて家を出る際に電気を消し忘れた」という経験をした人も多いでしょう。

朝電気を消し忘れると、帰宅するまで付けっぱなしになるので電気代がもったいないです。また、電気のつけっぱなしが積み重なると電気代が膨れ上がってしまうので、必ず電気をつけ忘れていないか確認しましょう。

特に忘れやすいのが、トイレの電気や玄関先の電気です。家を出る前は家中の電気を確認すること、電気をつけたら消すことを習慣付けましょう。

④買い物の上限額を決める

4つ目は、お買い物の上限を決めることです。日用品や食材の買い出しに行く際にあれこれ買ってしまい、金額が多くて驚いた経験をしたことがあるでしょう。

実際、スーパーに行くとあれもこれもと色々買ってしまいます。しかし、買った後に使わなくてそのまま置いてあるものや、食材の場合は冷蔵庫の奥で腐っている物が多いです。

そのため、買い物は週に何回するのか、上限額はいくらか決めておくと金額を抑えられます。

また、上限額が決まっていると必要なものしか買わないので、買い物のムダが減ります。

⑤お茶は自分で作る

5つ目は、お茶は夏場も冬場も自分で作ることです。毎朝お茶を購入している人は多いですが、毎日買うだけでも月に3000円近くかかってしまいます。特に、コンビニのお茶はスーパーよりも高いので、毎日買うのは結構な出費に繋がります。

その点、自分でお茶を作ることでお金を節約できるのでメリットが大きいです。夏場は水出しのお茶、冬場は暖かいお茶を持っていくと節約できるでしょう。

⑥レシートの整理

6つ目は、レシートの整理です。買い物をした後はレシートを捨てずに保管し、後で家計簿をつけることをおすすめします。

家計簿をつけると無駄な出費があるかどうか、毎月の出費を把握することができます。無駄な出費があれば減らせますし、毎月の出費が予算内かどうか確認できるのでおすすめです。

⑦エアコンのオンオフを繰り返さない

7つ目は、エアコンのオンオフを繰り返さないことです。エアコンは何度もオンとオフを繰り返すよりも、つけっぱなしにした方が電気代を節約できます。 

夏場はとても暑いのでエアコンがどうしても必要になるでしょう。多くの人は朝起きてから出かける前までエアコンをつけて消し、帰宅してから寝る前まで再度つけている人は多いです。

しかし、何度もオンとオフを繰り返すと電気代が膨らむので、一度つけたらつけっぱなしにするのがいいです。

⑧なるべく自炊する

最後の8つ目は、なるべく自炊をすることです。友達やサークル、恋人、家族との外食を思う存分楽しむ分、一人での食事は自炊に切り替えると食費を大幅に節約できます。

例えば、女子大生でよくあるのがカフェ代。ほぼ毎日カフェに行く人は多いですが、1週間で4000〜5000円かかります。その他にも、昼食や夜食もコンビニなどで買って食べると高くつきます。

この場合、毎日の朝ごはん、昼ごはん、夜ご飯を自分で作るようになると食費を減らせて節約できます。

とはいえ、毎日作るのは大変なので、週末などでまとめて作り置きをすると朝はお弁当に詰めるだけで便利です。

自炊をすることで食費を減らせるだけでなく、栄養バランスも整うのでおすすめです。

地方と都会の家賃の差




地方と都会では家賃に大きな差があります。  
同じ家賃でも地方では広い家に住むことができますが都会は狭い家しか見つかりません。では具体的にはどれぐらいの差があるのでしょう。

地方の家賃相場


まずは、地方の家賃相場です。地方のアパートの家賃相場は2LDKや3LDKで大体4〜7万円。2LDKや3LDKは子供がいる家族でも住める広さです。大学生が住むような1Kや1Rなどは2〜3万円ほどで見つかります。

また、ただ安いだけではなく、アパートの中もリフォームされていたり、新しくて綺麗なアパートが多かったりします。

地方のアパートが安い理由としては、土地の安さやアパートを利用する人が少ないことが挙げられます。そのため、アパートの家賃がもともと安く設定されており、立地的にも理想的な物件が安く見つかりやすいです。

逆に、都会でこの安さのアパートはなかなか見つからず、あっても事故物件や何かしらの欠陥がある物件が多いです。

とはいえ、地方の場合は交通の便が悪く、車を保持しないと大学に通えないこともあります。そのため、車の維持費がかかってしまう可能性が高いです。

都会の家賃相場


次は、都内や首都圏の一人暮らし大学生の家賃相場です。都内や首都圏は地方に比べて家賃が高く、生活費の中で家賃の占める割合がもっとと高いです。

都会の一人暮らし大学生が住む1Kや1Rの家賃は大体5〜6万円くらいが多く、都会の2LDKや3LDKは10〜15万円ほど家賃がかかります。

都会は家賃相場は場所によって変わるので、都内なのに安いときもありますが、都心から離れているので交通の便が悪かったり、大学から遠くて通いにくかったりします。

都会で一人暮らしは地方での一人暮らし大学生と違って家賃だけで毎月の出費が大きくなります。仕送りとバイト代合わせて月に12万円ほど収入があっても、毎月5〜6万円の大体半分ほどが家賃でなくなります。

一人暮らし大学生は元々の収入が少ない分、家賃の比率はどうしても高くなりがちです。とはいえ、都内の大学に通う場合は避けては通れないでしょう。

住居費用は一度決めるとなかなか変えられないので、最初からなるべく安いところを見つけて決めるのがいいです。

仕送りやバイト代はいくら必要




最後に、一人暮らし大学生が必要なバイト代と仕送り額を説明します。

まずは、バイト代からです。

大学生の多くがバイトをしていると思いますが、一人暮らし大学生の平均値はいくらなのでしょう。

大学生のバイト代の平均値は1ヶ月で3〜5万円が多いです。多く稼いでいる人は大体月で6〜8万円稼いでいます。「意外と少ない!」と驚く人も多いですが、大学生は授業やサークルなどもあるので、バイトのために捻出できる時間は少ないです。

また、一人暮らし大学生は他の大学生よりもバイト時間が長いことが多く、実家からの仕送り額によってもバイト代が大きく変わります。

実家からの仕送りがない人は月に15万円近く稼いでいることもあり、生活費を稼ぐためにバイトをたくさんしています。逆に、実家から安定した仕送りがある人は毎月3〜5万円でも足りているそうです。

上記をまとめると、仕送りがある一人暮らし大学生は次に3〜5万円、仕送りがない一人暮らし大学生は月に10万円以上必要です。

次に、仕送り額です。

仕送りは、子供が実家を離れて一人暮らしをする際になるべく子供の負担にならないように毎月お金を送る親が多いです。しかし、場合によっては足りなかったり、バイトで補わないと間に合わなかったりします。

そのため、仕送り額を決める際には必要なお金や平均額を参考にするのがいいです。

まずは、全国の大学生を対象にした調査では、仕送り額の平均は月に7万円前後でした。都内に住んでいる場合は家賃が多くかかるため、地方より少し仕送り額が多いです。

一人暮らし大学生の生活費内訳で説明しましたが、1ヶ月にかかるお金が大体12〜14万円前後です。そのため、仕送り額が7万円くらいあると家賃や光熱費などが払えます。また、バイト代は5〜7万円あれば補えます。

このように、親からの仕送り額は最低でも7万円ほどあるのがおすすめです。これより少ないとバイトをする時間が増えてしまい、勉学の支障が出ます。

とはいえ、学費の支払いに加えて毎月の仕送りができない家庭もあるでしょう。その場合は学資保険や教育ローンを借りたり、奨学金を借りて生活するのがおすすめです。


この記事をシェアする

NOW ROOM編集部

著者: NOW ROOM編集部

長期出張などにも便利なウィークリー/マンスリーマンションに関する情報を発信していきます。 NOW ROOMとはウィークリー/マンスリーマンション掲載物件数都内No.1のお部屋探しプラットフォームです。

NOW ROOM編集部

フォロー

Contact

NOW ROOMへのお問い合わせ

専任のコンシェルジュがサポートさせて頂きますので、お部屋探しでお困りのことがありましたらお気軽にご連絡ください。

アプリをダウンロードすると入居・退去がスムーズに!

1ヶ月から住める家具家電付き賃貸
法人様向け家具家電付き賃貸