マンスリーマンションの評判って実際どうなの?評判が良い物件の探し方とは

マンスリーマンションの評判って実際どうなの?評判が良い物件の探し方とは

マンスリーマンションは、基本的に1ヶ月程度の短期賃貸のマンションやアパートを指します。
ビジネスホテルと同じように短期宿泊にも利用できますが、長期出張や突然の転勤、単身赴任や派遣のための一時的な利用、さらにリフォーム工事などの仮住まいとして非常に重宝する賃貸物件です。
様々なシーンで利用されるマンスリーマンションですが、その評判は実際どうなのでしょうか。
マンスリーマンションの評判や、評判が良いマンスリーマンションの探し方についてご紹介します。

マンスリーマンションの評判ってどうなの?

マンスリーマンションはビジネスホテルとは異なり、数か月単位の少し長めの滞在に適しています。
また、通常の賃貸物件とも違う性質を持った特殊な賃貸物件です。
使い方次第で利用料を上手に節約ができて快適な生活を送ることができますが、気をつけておかなければならない特有のルールや特徴がいくつかあります。
ここでは、マンスリーマンションの評判でよくいわれることや利用時の注意点についてご紹介します。

初期費用が安く、空き物件があればすぐに入居できる

マンスリーマンションは賃貸物件の部類に入りますが、通常の賃貸契約による賃貸物件と異なり、敷金・礼金や不動産会社への仲介手数料が不要です。また2年契約の縛りもありません。
初期費用が安く、ムダな手続きがないため、物件の空き状況によってすぐに入居できる嬉しい賃貸物件です。
さらに嬉しい点は、通常の賃貸物件とは異なり、生活に必要な家具・家電が最初から揃っているところです。
入居時に新たに家具や家電を買い揃える必要がありません。
着替えや身の回りの必需品だけ用意すれば、すぐに入居して生活がスタートできるお部屋です。
まるでビジネスホテルにチェックインするような手軽さがあり、数か月程度の滞在であればホテルよりもリーズナブルに利用することができます。

-----------------------------------
▼実際の口コミ(知恵袋より引用)

基本的にマンスリーマンションは、敷金、礼金などの初期費用は掛からないです。その代わり退去時のクリーニング代、光熱費などが前払いとなる場合がほとんどです。
マンスリーマンションでしょう、必要なものは最初からそろっているので、その日から住めますよ。
-----------------------------------

基本的に物件の内覧ができない

メリットが非常に多く見えるマンスリーマンションですが、注意点がいくつかあります。
マンスリーマンション特有のルールや特徴を覚えておきましょう。

通常の賃貸物件と異なるマンスリーマンションの特徴の一つが、内覧ができないケースが多いことです。
利用を希望する物件があっても、住む前にお部屋を見ることができません。
その理由は、マンスリーマンションは次の予約の直前まで前の入居者が住んでいるためです。

条件や場合によって内覧できる物件もありますが、基本的に内覧はできないと思って下さい。
マンスリーマンションで物件を選ぶ場合、ホームページ上に掲載されている写真を閲覧し、写真でわからないことについては物件の担当者に連絡して聞くことが基本となります。

NOW ROOMの場合、不明点はアプリチャットへご質問頂ければ、カスタマーサポートで対応しております。
是非ご活用ください。

-----------------------------------
▼実際の口コミ(知恵袋より引用)

空いているのに見学できないと言っているならちょっと怪しいですね。避けたほうが良いかもしれません
-----------------------------------

壁が薄いことがある

マンスリーマンションの特徴の一つとして「壁の薄さ」があります。
すべての物件に該当するわけではなく、基本的には物件の構造によって条件は異なります。

マンションと言っても、マンスリーマンションには色々なタイプがあります。
通常のマンションの一室をマンスリーマンションとして利用している場合もあれば、アパートや戸建て形式の物件もあります。

マンスリーマンションの中には、建築コストを安く済すために「鉄骨造(S造)」を採用していることがあります。
鉄骨造の物件の場合は、階段や廊下を歩く人の足音や隣の部屋の話声などが聞こえることもあるので注意が必要です。

普段から音に敏感な人は、物件選びのときに「鉄筋コンクリート造(RC造)」の物件を選ぶようにすると良いでしょう。

NOW ROOMのお部屋検索条件には、鉄筋コンクリート造でのお部屋絞り込み機能があります。
音について気になる方は是非、この機能をご活用ください。

-----------------------------------
▼実際の口コミ(Twitterより引用)
>レオパレスのように壁が薄いと言うことはありませんか?
薄いのがウィークリーやマンスリーマンションと言う物です。

大きなメリットは敷金礼金がいらない。
デメリットは隣の生活音が丸聞こえ(壁が薄い物件が多い)
-----------------------------------

掃除が行き届いていないことがある

マンスリーマンションは、利用する際の初期費用として一般的に賃料の中に「クリーニング代」や「清掃費」が含まれています。この費用は前入居者退去時のハウスクリーニングに使用されることが一般的です。

しかしながら、クリーニング業者によって清掃の良し悪しにばらつきがあり、掃除が行き届いていないことがあります。
クリーニングが行き届いていない場合、入居初日に「キッチンの排水口が汚かった」「ホコリが残っていた」といったことがあるので注意が必要です。
なかには前の住民退去時の私物が残されているケースもあります。

このような場合は、物件の管理会社に問い合わせて対応してもらいましょう。
NOW ROOMを利用してこのようなケースに出会った場合、すぐにアプリチャットから問い合わせをお願いします。
カスタマーサポートがゲスト様を誠心誠意サポートさせて頂きます。

-----------------------------------
▼実際の口コミ(知恵袋より引用)

お風呂がすごくきれいで驚きました

住んでみないとわからない事ってありますよね。
私も最近マンスリーマンションを契約したところ、蛍光灯のリモコンが反応しない、エアコンから水漏れ、9階なのにGが出たなど色々ありました
-----------------------------------

マンスリーマンションでトラブルに巻き込まれたときの対処法

マンスリーマンションの利用でもっとも心配な点がトラブルに巻き込まれた場合です。
マンスリーマンションの入居審査はハードルが低く、利用しやすいという反面、通常の賃貸物件よりもさまざまなバックグラウンドを持った人が集まりやすい場所です。
近隣住民と直接触れ合う機会は少ないかも知れませんが、間接的なトラブルもゼロではありません。
ここでは、入居期間中にトラブルに巻き込まれた際の対処法についてご紹介します。

管理会社に連絡する

マンスリーマンションの利用期間中に、何かしらのトラブルに巻き込まれた場合はまず「管理会社」へ連絡して下さい。
NOW ROOMの場合は迅速にアプリチャットから問い合わせをお願いします。

入居期間中に、住民同士のトラブルに巻き込まれた場合、無理に個人間で解決しようとすると話がこじれることがあります。
些細な問題やトラブルでも、まずは管理会社へ連絡することを優先しましょう。

直接話し合いをすると感情的になるような問題でも、第三者が入ることによって緩和されやすくなります。
問題をスムーズに解決できるように、何事もまずは管理会社に連絡して判断を仰ぐようにしてください。
特に騒音などの問題は、相手側も故意的でない場合が多く、感情的な交渉を行うと問題が更に大きくなる可能性があります。

ほかの物件に移る

トラブルが発生した場合、内容の大小に関わらず必ず管理会社に相談しましょう。
管理会社に相談すると、住民双方が納得できるような中立案を提示してくます。

中立案で双方が納得できるようなトラブルの場合はそれで良いのですが、なかには納得できないことも起こる可能性があります。
管理会社の案に納得できない場合は、思い切って暮らしている物件を退去し、ほかの物件に移ることを検討すると良いでしょう。

戸建住宅や分譲マンションとは異なり、容易に移り住むことが可能なマンスリーマンションならではといえる特徴の一つです。
数か月とはいえ、トラブルを抱えながら嫌悪感あらわに近隣住民と暮らすより、条件の良い住環境に移り住みましょう。

NOW ROOMでは、このような場合豊富な掲載物件からゲスト様のご希望に沿うお部屋をご提案しております。
まずはアプリチャットから問い合わせをお願いします。

評判がいいマンスリーマンションの選び方



せっかく利用するなら、マンスリーマンションでの生活は誰でも快適なものにしたいと思うものです。
上手に安く利用できることが理想的ですが、いくら安くても不快な思いをするマンスリーマンションは避けたいところ。
評判が良いマンスリーマンションは選び方が大切で、物件選びの段階で評判がいいマンスリーマンションを見極めるためのコツがあります。
ここでは評判がいいマンスリーマンションの選び方をご紹介します。

備えつけの家具・家電を確認する

マンスリーマンションは基本的に内覧ができないため、ホームページ上に掲載されている写真をしっかり見ながら確認しなければなりません。
物件選びをする際は部屋の写真ばかりに目が行きがちですが、備えつけの家具や家電もしっかり確認することが大切です。

お部屋の写真がキレイだから即決して、いざ現地に行ったら必要なものがないと困ります。
備品の種類をしっかり確認して、納得した上で入居すると、入居後に「〇〇がない」と焦ることがなくなります。

写真だけでなく、備え付けの家具や家電のリストも入念にチェックしておきましょう。
現地で簡単に調達できるものなら構いませんが、調達が難しいものは予め用意して持参する必要があります。

同じエリアの物件と比較して極端に安い物件は避ける

マンスリーマンションを選ぶときに注意して欲しいのが、相場と比較して極端に格安な物件です。
低価格な物件は魅力的ですが、必ず同じエリアにある同じタイプの部屋をいくつか比較するようにしましょう。
同条件の周辺相場よりも物件が安い場合は、何かしらの理由があります。

例えば、周辺の他の物件の平均賃料が130,000円であるのに対して、気に入った部屋の賃料が80,000~90,000円程度である場合、備品の一部が有料だったり、部屋の清掃が雑だったりする可能性があるので注意が必要です。

気に入ったお部屋が1Rの部屋だった場合、必ず同じエリアにある類似条件の1Rのマンスリーマンションの賃料と比較して下さい。

キャンペーンなどで安くなっている場合はラッキーですが、安い理由に何か落とし穴が隠れている可能性もあります。

入居予定日の1ヶ月前から物件探しをスタートする

急遽長期出張などが決まった場合は仕方ありませんが、できることなら入居予定日の1ヶ月前から物件探しをスタートするようにしましょう。
入居日直前に物件探しをした場合、希望の物件が見つかっても空きがない状態であったり、目的のエリアより遠い場所にある物件になる可能性があります。
希望の物件に入居するためには、余裕を持って物件探しをスタートすることが大切です。

希望エリア内の物件を複数ピックアップして、立地条件や金額、家具や家電の種類、備品や有料オプションなどをしっかり比較して最適はマンスリーマンションを選定しましょう。
時間に余裕があるほどよい物件に出会う確率も高まります。

マンスリーマンションを利用する際に知っておきたいこと


マンスリーマンションを利用する方の中には、「マンスリーマンションの利用自体が今回初めて!」という方もいらっしゃるでしょう。
どんな事も、初めてのときは色々な不安を持つものです。
事前に注意点を知っているだけで、トラブルを防ぐことができます。

ここでは、マンスリーマンションを利用する際に知っておきたいことについてご説明します。
特にマンスリーマンションの利用が初めての場合、注意しておくべきポイントですのでしっかりと確認しておきましょう。

マンスリー賃貸は原則住民票を移せない

マンスリーマンションは、居住期間が限定的であることが前提とされています。
ビジネスホテルに連泊するより費用を抑え、且つ自由度が高くなりますが、通常の賃貸物件のように何年も住むわけではありません。

マンスリーマンションの滞在目的によっては、住民票を移動しなければならない場合があるかも知れません。
しかし、住民票の住所登録をマンスリーマンションにすることを不可としている管理会社が多いので注意が必要です。
滞在や仮住まいが基本条件となるマンスリーマンションは、住民票が移せないと思っておきましょう。

ただし、1年以上の長期間滞在する場合は、特例として住民票の登録を認めている物件もあります。
すべてのマンスリーマンションが該当するわけではありませんが、住民票の住所登録をマンスリーマンションにしたい場合は、事前に管理会社に確認するようにしましょう。
管理会社に確認すると、希望の物件以外に住民票の移動が可能なマンスリーマンションを紹介してくれるかも知れません。

契約時にまとまったお金が必要になる

マンスリーマンションを利用する場合に必ず注意しておくべき点が、契約時のお金です。

マンスリーマンションの利用は約1ヶ月前後、長くても3ヶ月くらいの滞在が一般的です。
さらに長期になる可能性もありますが、基本的にマンスリーマンションは短期滞在が前提となっているため、契約時に滞在期間分の賃料をまとめて前払いする仕組みを取っている管理会社がほとんどです。

1ヶ月利用の場合は1ヶ月分すべて、3ヶ月利用の場合は3ヶ月分の料金をすべて契約時に支払う必要があります。
長期間になるほど支払う金額が増えるので、契約時にまとまったお金が必要になります。

賃料の支払い方法は現金、クレジットカード、銀行振り込みのいずれかとなっています。
契約時の一括支払いが厳しい場合は、クレジットカードで決済したあと、分割払いやリボ払いに変更すると良いでしょう。

現金や銀行振り込みを分割決済にするには、最初の1ヶ月だけ契約して、延長利用すると分割決済と似た支払い方法になります。
ただし割高になる可能性があるので、可能であれば予定期間の賃料を契約時に一括決済するようにしましょう。

普通の賃貸よりも家賃が高め

マンスリーマンションは、敷金、礼金、仲介手数料がない分、初期費用を抑えることができる賃貸物件です。
ビジネスホテルに連泊した場合の条件と比較すると非常に割安ですが、普通の賃貸物件に住むよりも月額家賃は割高になります。

基本的に2年契約で更新される通常の賃貸物件とは異なり、マンスリーマンションは1ヶ月程度の短期滞在を目的に利用されています。
また家具家電が備わっており、水光熱費込みの金額であることから、月額家賃は普通の賃貸物件より割高になってしまいます。

家賃だけを単体で見ると高く感じてしまいますが、一時的な住まいとしては非常にコスパが良い物件であるのは間違いありません。
1年〜2年の長期間であれば通常の賃貸物件を探すほうが割安になりますが、3ヶ月程度の生活のために利用するならマンスリーマンションしておくのがおすすめです。

マンスリーマンションの物件選びは"妥協ポイント"を作って探すと◎



評判が良いマンスリーマンションの探し方と注意点などについてご紹介させて頂きました。
マンスリーマンションの評判は物件によってさまざまです。

物件選びの際に大切になるのは、自分の中で「妥協ポイント」を作っておくことです。
「妥協ポイント」とは「築年数がある程度経過している物件でもWi-Fiが無料であればOK」「駅近物件、築浅は譲れない」などといったような、物件に関するこだわりポイントです。

利用するための潤沢な資金があれば物件は選びたい放題ですが、希望エリアや選定条件、利用金額などによって選べる物件には限りがあります。
限られた条件の中で物件探しをスムーズに進めるためには、必要な条件と不要な条件を予め設定して、「妥協ポイント」を決めておくことが物件選びで成功する秘訣です。

マンスリー賃貸掲載物件No.1のNOW ROOMは取り扱い物件数が多いため、希望にあった物件を見つけることができるでしょう。
気になる方はこちらをご覧ください!
https://nowroom.jp/

この記事をシェアする

NOW ROOM編集部

著者: NOW ROOM編集部

長期出張などにも便利なウィークリー/マンスリーマンションに関する情報を発信していきます。 NOW ROOMとはウィークリー/マンスリーマンション掲載物件数都内No.1のお部屋探しプラットフォームです。

NOW ROOM編集部

フォロー

Contact

NOW ROOMへのお問い合わせ

専任のコンシェルジュがサポートさせて頂きますので、お部屋探しでお困りのことがありましたらお気軽にご連絡ください。

アプリをダウンロードすると入居・退去がスムーズに!

1ヶ月から住める家具家電付き賃貸
法人様向け家具家電付き賃貸