同棲生活が上手くいく間取りは? タイプ別おすすめ間取りと物件選びの注意点

同棲生活が上手くいく間取りは? タイプ別おすすめ間取りと物件選びの注意点

上手く同棲生活を続けるのに重要なポイントとして、自分達に合う間取りを選ぶことがあります。仲良しなパートナーでも相手は自分と違う人間なので、お互いのライフスタイルを尊重する事が大事です。自分は常にパートナーと一緒に居たいと思っていても、相手が一人の時間を大切にするタイプな場合、ライフスタイルのずれがストレスになってきてしまいます。

仲良く同棲生活をするために、事前にお互いが求める条件について話し合い、条件に沿った間取りのお部屋探しをしていきましょう。

今回は、同棲におすすめの間取りと、間取りごとのメリット・デメリットをご紹介します。
自分たちの求める条件にどのような間取りが合うのかの参考にしてください。

同棲におすすめの間取りとは





同棲生活におすすめな間取りは、以下3つ。

  • 二人一緒に過ごす時間を重視するカップル向け:1LDK
  • 自分一人の時間もキープしながら費用を抑えたいカップル向け:2DK
  • 一人の時間と、一緒にくつろぐ時間両方を重視するカップル向け:2LDK


それぞれの間取りについて、メリット・デメリットを含め紹介していきます。

1LDK:二人の時間を重視したいカップルにおすすめ


1LDKはリビングが1つ、居室が1つという間取りですので、自然とパートナーと一緒に過ごす時間が多くなります。
例えばリビングで食事を一緒にとったり、寝る時も一緒の部屋で過ごす事になります。

1LDKのLDK部分の広さは通常8畳以上と広々としており、空間的にゆとりがあります。
東京の月額家賃の平均相場は、約14万円です。エリアごとに見ていくと、港区や渋谷区の家賃相場は約18万円、都心部である千代田区、中央区の家賃相場は約20万円となっています。

従って1LDKのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

【メリット】

  • 広々とした空間を保ちつつコストを抑えることができる
  • パートナーとの生活空間を一緒にすることで、関係性を深めることができる
  • 部屋数が少ないため、掃除にかかる手間が比較的少ない


【デメリット】

  • 一人の時間をとることが難しい
  • お互いの生活リズムが違うと過ごしづらい
  • 友人を家に招きづらい


メリット・デメリットを踏まえると、1LDKは以下のようなカップルにおすすめです。

  • 交際期間が長く、お互いのライフスタイルや生活リズム、趣味趣向など理解・尊重し合っている
  • お互いに、一人の時間を大事にしたいというより、パートナーと一緒にいる時間を大事にしたいと思うタイプ
  • 普段お互いに忙しく、家で一緒に過ごさない限りパートナーとの時間が取れない


ずっと一緒に居たいと思っていても、一緒に生活をしていると新しい気づきが出てくることもあります。
まずは同棲開始前にしっかりパートナーと求める条件については話し合い、お試しで1LDKのマンスリーマンション等に住んでみるのもおすすめです。


2DK:自分の生活スタイルをキープした状態で同棲したいカップルにおすすめ


2DKは、2つの部屋に加えてダイニングとキッチンが1部屋になった間取りですので、お互いに自分の部屋を持って自分の時間を保ちつつ、ダイニングで一緒にくつろぐことが可能です。

2DKは築年数が経過した物件が多い傾向があり、広さの割に比較的安い賃料であることが魅力です。
東京の月額家賃の平均相場は、約10万円です。千代田区や中央区など、都心部の家賃相場は約13.5万円となっています。

2DKのメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • お互いに自分の部屋を持てるので、一人の時間を確保することができる
  • 1LDKと比較して広いので、収納スペースが充実している
  • 2LDKと比較してコストを抑えることができる


【デメリット】

  • リビングが無いため、2LDKと比較するとくつろぐスペースがあまりない
  • 一緒に過ごす空間が基本的にはダイニングのみになるため、二人の時間が1LDKと比較して少なくなる
  • DK部分はあまり広くない事が多いので、友人を招きづらい


片方の部屋を居間として、もう片方の部屋を寝室として活用するなど、カップルのライフスタイルに合わせて部屋を活用できるのも2DKの特徴です。

メリット・デメリットを踏まえると、2DKは以下のようなカップルにおすすめです。
・お互いに一人の時間を大切にしつつ食事は一緒に取るなど、バランスを重視したい
・パートナーが基本的に在宅勤務なので、仕事用の部屋が必要
・寝室は一緒で大丈夫だが、リビング・ダイニングを区切って生活をしたい


一人の時間と、一緒にくつろぐ時間両方を重視するカップルにおすすめ2LDK


2LDKは、2つの部屋に加えてリビング・ダイニングがある間取りです。リビング・ダイニングがある分広くゆとりがあり、同棲生活を経て結婚した場合でも住み続ける事ができます。

東京23区の月額家賃の平均相場は、約20万円です。千代田区や中央区の平均相場は約27万円となっています。

2LDKのメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • お互いに一人の時間を保つことができる
  • リビング・ダイニングがあるため、くつろぐ空間にゆとりがある
  • 二つの部屋のうち一つを仕事場にするなど、フレキシブルに空間を活用できる
  • リビング・ダイニングのエリアが広く、友人を招きやすい


【デメリット】

  • お部屋が広い分、1LDK/2DKと比較して月額家賃が高額になる
  • 一緒に過ごす空間が基本的にはダイニングのみになるため、二人の時間が1LDKと比較して少なくなる


メリット・デメリットを踏まえると、2LDKは以下のようなカップルにおすすめです。

  • お互いに一人の時間を大事にしつつ、ゆとりをもって一緒にくつろぐ空間も確保したい
  • 交際期間が長く、お互いに結婚を前提として同棲を始める
  • 生活リズムがお互いに異なっており、基本的な住空間は別にしたい


2LDKはその広さの分月額家賃が高くなりますので、その分2年で契約をしてしまうと万が一の場合が不安、ということがあります。お互いをよく知る段階での同棲の場合は、2LDKのマンスリーマンションなどでお試し同棲をするのもお勧めです。


2DKの部屋は「ハーフリビング型」「フルリビング型」の2つのパターンに分けられます。それぞれについて次項でご紹介します。

ハーフリビング型

ハーフリビング型とは、2DLでよくみられる部屋の形で、バルコニー側にリビングと一部屋が配置されています。それぞれに大きめの窓があるため、採光と風通しがいいのが特徴です。

フルリビング型

フルリビング型は、バルコニー側の間口いっぱいにリビングが配置されているタイプのお部屋です。
リビングが広い分、窓が双方にない物件も多いです。


同棲先を選ぶ際の注意点




ここまで同棲にお勧めの間取りを紹介してきましたが、お互いの求める条件に合う間取りが決まって次に必要なのが、同棲先を探すこと。
一人暮らしの時とは異なり、以下のような点に注意する必要があります。

希望の物件が同棲可能か確認する


借りたいと思ったお部屋が同棲OKではないケースもあります。
「同棲カップルは別れる可能性があり、継続的な家賃収入が見込めない」と大家さんの意向によって、物件によって同棲が禁止されていることもあります。

一人暮らしのふりをして同棲をすると契約違反となり、強制退去や違約金の対象になったりするため、事前に「同棲可」「2人入居可」としている物件を選ぶようにしましょう。

家賃は無理なく支払える額かどうか


同棲の場合、必ず事前にお互いが支払える家賃金額を決めておきましょう。

家賃を手取り合計の3分の1の金額に収まるようにすることで、貯金をしつつ余裕のある生活を送ることができるといわれています。二人の年収を足し、そこから生活費や貯金額、固定支出費などを差し引いて支払い可能な家賃を算出しましょう。

大好きなパートナーとお金で揉めてしまうのは避けたいところですので、きちんと家賃の金額と、支払い口座をどこにするのかまで決めておきましょう。

お互いが通勤しやすい場所で探す


お互いが気に入った街であっても、パートナーの通勤などに負担がかかってしまう場所だとそれがストレスとなってしまいます。

まずはお互いが使う駅やバス停などまで徒歩15分圏内か、そして通勤時間は適切かを確認しましょう。


幸せな同棲生活を送るためには間取り選びがカギ!




パートナーとの幸せな同棲生活を送るポイントは、事前にお互いのことを理解し尊重しあう事です。
少しのストレスでも塵も積もれば山となります。

大好きなパートナーと楽しく過ごすためにも、事前にお互いの譲れないポイントや妥協できるポイントを話し合い、自分たちに合うお部屋探しをしましょう。

この記事をシェアする

NOW ROOM編集部

著者: NOW ROOM編集部

長期出張などにも便利なウィークリー/マンスリーマンションに関する情報を発信していきます。 NOW ROOMとはウィークリー/マンスリーマンション掲載物件数都内No.1のお部屋探しプラットフォームです。

NOW ROOM編集部

フォロー

Contact

NOW ROOMへのお問い合わせ

専任のコンシェルジュがサポートさせて頂きますので、お部屋探しでお困りのことがありましたらお気軽にご連絡ください。

アプリをダウンロードすると入居・退去がスムーズに!

1ヶ月から住める家具家電付き賃貸
法人様向け家具家電付き賃貸