格安マンスリーマンションを契約する際に確認しておきたいこと

格安マンスリーマンションを契約する際に確認しておきたいこと

「マンスリーマンションてそもそも何?」「格安マンスリーマンションを契約する際に確認しておくことってなんだろう?」このような疑問がある方に向けて、マンスリーマンションを契約する際の流れや、格安マンスリーマンションを契約する際に確認しておくべきことについてご紹介します。

マンスリーマンションとは?


マンスリーマンションとは、1ヶ月単位で借りることができる賃貸マンションのことです。

使用するシーンとしては、

・出張
・単身赴任
・引っ越しするまでの住居
・自宅のリフォーム時
・趣味部屋
・受験期間の住居

上記のような場合でマンスリーマンションの需要が高まっています。

代表的なマンスリーマンションには、入居した日から普通の生活ができるように、冷蔵庫・IHやコンロ・テレビ・電子レンジなどの家具家電や生活雑貨がすでに揃っているという特徴があります。

さらに、敷金や礼金、仲介手数料などの高額な初期費用がかかりません。退去の際のルームクリーニング費や、契約途中の解約による違約金がかかる場合はありますが、高額な初期費用がかからないという点は、短期入居を考える人にとってかなり魅力的です。

上記のように、すぐに生活できたり初期費用をかけず気軽に住み始めることができるので、最近ではマンスリーマンションの需要が高まっています。

マンスリーマンションと一般的な賃貸マンションの違い




マンスリーマンションと一般的な賃貸マンションには、

・入居する期間の違い
・マンスリーマンションの方が基本的に初期費用が安い

上記のような違いがあります。

まず、マンスリーマンションは1ヶ月単位で借りられる賃貸マンションであるのに対して、一般的な賃貸マンションは物件主と2年〜3年単位で賃貸契約を結ぶ点が大きく異なります。

そもそもの目的として、一般的な賃貸マンションが長期的な居住を目的としているのに対して、マンスリーマンションは短期的な居住を目的としているので、このような違いがあります。

さらに、マンスリーマンションは通常の賃貸と異なり、敷金や礼金、仲介手数料といった初期費用が基本的にかからず、物件の出費を抑えることができるという点でも違いがあります。

短期的な入居にかかる費用を比較すると、敷金礼金などの初期費用がかかる一般的な賃貸マンションより、マンスリーマンションの方が安く住む場合があるので、短期的な入居を考えているビジネスマンなどに人気があります。

マンスリーマンションを契約する際の流れ



ここでは、マンスリーマンションを契約する際の流れとして、

・物件を探す
・申込手続きをする
・利用料金を支払い鍵を受け取る
・入居する

上記の手順を説明します。

①物件を探す


まずは、マンスリーマンションの物件を探すことから始まり、マンスリーマンション専門サイトや不動産屋で探すのが一般的です。

【専門サイトでマンスリーマンションを探す場合】
マンスリーマンションの専門サイトで希望のエリアや予算、入居期間などを入力すると多数の物件が出てきます。さらに、ネット上で契約までできる場合もあるので、「実際にその土地に行く時間がない」「簡潔に済ませたい」という方にはおすすめです。

【不動産屋の場合】
不動産屋は地域密着型であるためその土地の情報を教えてくれることが多いです。そのため、「住む場所は自分の目でしっかりと見たい」「その土地について知りたい」という方におすすめです。

専門サイトや不動産屋に上記のような特徴があるので、自分に合った方法を選択し、マンスリーマンションの物件を探してみましょう。

②申し込み手続きをする


自分に希望に合った物件が見つかったら、申し込み手続きを行います。

専門サイトで申し込み手続きをする場合、申し込みフォームに入居者情報を入力し、身分証の写しの提出が求められるため、運転免許証・マイナンバーカード・パスポートなどを事前に用意しておくとスムーズに手続きを進めることができます。

さらに、会社や物件によっては保証人が必要な場合もあります。自分が希望する物件に保証人が必要かどうか確認し、必要であれば誰を保証人にするか決めておきましょう。

申し込み手続きが完了すると、入居できるかどうかの審査に進むことができます。

③利用料金を支払い鍵を受け取る


申し込みをして審査に通ることができたら、会社から料金の案内が送付されてきます。

物件にもよりますが、マンスリーマンションは1ヶ月以内の入居の場合、料金は全額前払いであることが一般的です。

1ヶ月以上の入居の場合、分割払いに対応している会社も多いので、全額前払いが厳しいようであれば、料金を分割払いにできるか事前に確認しておきましょう。

支払い方法に関しては、クレジットカードや銀行振り込みなど、会社によって様々なので、指定された方法で料金の支払いをします。

利用料金を支払ったら、鍵の受け渡しが行われます。鍵はカードキーや暗証番号、スマートロックなど物件によって様々です。入居日については料金支払い後に案内されるため、しっかりと確認しておきましょう。

④入居する


ここまできたらあとは入居するだけです。

しかし、入居する際に注意するポイントがあります。それは、実際に入居したら、すぐにエアコンやベッド、ガスレンジなど備え付けの家具家電が壊れていないか、正しく稼働するかどうか確認をするという点です。

万が一、備え付けの家具家電が壊れていたり、壁紙や窓に損傷がある場合は、すぐに管理会社に連絡する必要があります。

「エアコンが壊れているけど退去時でいいや」「壁紙が剥がれているけど気にならないからいいや」などと放置してしまうと、自分に非がないのにも関わらず、退去時に修理費用を請求されることもあります。

自分の身を守るためにも、入居時の備え付けの家具家電や部屋の備品が壊れていないかの確認を絶対に行いましょう。

格安マンスリーマンションを契約する際に確認すること



ここでは、格安マンスリーマンションを契約する際に確認することとして、

・部屋の衛生状態
・設備破損時の修理費用
・長期滞在割引の適用の有無
・部屋の防音性

上記4つをお伝えします。


部屋の衛生状態


格安マンスリーマンションを契約する際は、部屋の衛生状態をしっかり確認しましょう。

格安マンスリーマンションの場合、入居者が退去した後に行われるクリーニングが雑だったり、場合によってはクリーニング自体がされていないことがあるからです。

例えば、

・冷蔵庫内の清掃が甘い
・エアコンのフィルターすら交換していない
・排水溝が汚い
・部屋に髪の毛が落ちている

上記のようなことがある場合もあります。

部屋がしっかりクリーニングされているのか心配な方は、契約時に管理会社へ確認しましょう。

マンスリーマンションを退去か入居する際の費用に、クリーニング代金が含まれているので、管理会社はクリーニングをする義務があります。

短期間でも自分の住居となる場所なので、気持ちよく住むためにも、契約前に部屋の衛生状態を管理会社に確認することが大切です。

ただし、

・家具家電が古い
・経年変化による汚れ

上記のような場合は、クリーニングではどうにもならないことが多く、すべての場合で管理会社に問い合わせてなんとかなるということではありません。

設備破損時の修理費用


格安マンスリーマンションを契約する際は、事前に設備破壊時の修理費用を管理会社に確認しておきましょう。

理由は、格安マンスリーマンションに入居し、万が一家具や家電などの設備を破壊してしまった場合に、その分の修理費用を請求される場合があるからです。

例えば、

・ベットが折れてしまった
・テレビの画面を割ってしまった
・トイレの便座を壊した

上記のような場合です。

修理費用は高くなることもあるため、契約した後に、こんなはずじゃなかったとならないためにも、家具家電などの設備を破損してしまった際の負担については、入居の際に確認しておきたいポイントの一つです。

マンスリーマンションでは、入居時に簡易保険へ加入することができ、入居中に設備を破損してしまっても修理費用の負担が免除される場合があります。

なので、自分が希望するマンスリーマンションを契約する前に、簡易保険があるかどうか確認してみましょう。

長期滞在割引の適用の有無


格安マンスリーマンションを契約する際は、長期滞在割引があるかどうか確認しましょう。

多くのマンスリーマンションには、滞在日数が長期になるほど、日数に応じた割引が適用されることがあります。一般の賃貸マンションにこのような割引制度はないので、マンスリーマンションならではのメリットです。

例えば、

・1ヶ月以上〜3ヶ月以内:97,000円/月
・4ヶ月以上〜12ヶ月未満:78,000円/月
・1年賃貸:58,000円/月
※参照サイト:ホームメイト「マンスリーは長期割引がお得」(https://www.homemate.co.jp/monthly/useful/know_long/)

上記のような割引が適用されます。この場合、4ヶ月以上利用すると19,000円お得で、1年利用するとさらに20,000円お得です。

このように、短期の利用よりも長期の利用の方が1日あたりの利用料金が安くなる場合があるので、「少しでも費用を抑えたい」という方は、物件を扱う不動産屋に割引制度に関しての情報を確認しておきましょう。

部屋の防音性


格安マンスリーマンションを契約する際には、部屋の防音性を確認しておくことも大切です。

マンスリーマンションの場合、物件の内見ができなかったり、ネット上で契約まで完了する場合も多いので、部屋の防音性を確認せず契約してしまう人が多いです。

しかし、格安マンスリーマンションの中には、壁が薄く隣の人の生活音や騒音が丸聞こえという物件も中には存在します。

気にならない方はいいですが、音に敏感だったり気になってしまう方は、気持ちよく生活できないということにも繋がりかねません。

そのようなことを避けるためにも、格安マンスリーマンションを契約する際は、その部屋の壁の厚さや防音性に関して確認しましょう。

マンスリーマンションを借りるときは物件情報をしっかり確認しよう



今回は、格安マンスリーマンションを契約する前に確認しておきたいこととして、

・そもそもマンスリーマンションとは?
・賃貸マンションとの違い
・マンスリーマンションを契約する際の流れ
・格安マンスリーマンションを契約する前に確認すること

上記4つを説明してきました。マンスリーマンションがどのようなマンションなのかわからなかった方や、契約の流れがわからなかった方は是非参考にしてください。

特に、格安マンスリーマンションを契約する際に確認することとして、

・部屋の衛生状態
・設備破損時の修理費用
・長期滞在割引の適用の有無
・部屋の防音性

上記4つのポイントを説明しましたが、どれも契約する本人にとって大事なポイントです。

マンスリーマンションを借りる際は物件情報を確認しないで契約してしまうと、自分が損をしてしまう可能性があるので、しっかり確認しましょう。


NOW ROOMでも、数多くのマンスリーマンションを紹介しています。

おすすめの物件はこちらです↓
マンスリーマンション新宿3
新宿駅から徒歩10分で、家賃が96,561円の格安物件となっています。

もう一つのおすすめの物件がこちら↓
サンベール八千代
新宿駅も徒歩圏内と好立地ながら、家賃が95,000円の格安物件となっています。

もっとマンスリーマンションの物件がみたい方はこちらからどうぞ⇒ NOW ROOM

この記事をシェアする

NOW ROOM編集部

著者: NOW ROOM編集部

長期出張などにも便利なウィークリー/マンスリーマンションに関する情報を発信していきます。 NOW ROOMとはウィークリー/マンスリーマンション掲載物件数都内No.1のお部屋探しプラットフォームです。

NOW ROOM編集部

フォロー

Contact

NOW ROOMへのお問い合わせ

専任のコンシェルジュがサポートさせて頂きますので、お部屋探しでお困りのことがありましたらお気軽にご連絡ください。

アプリをダウンロードすると入居・退去がスムーズに!

1ヶ月から住める家具家電付き賃貸
法人様向け家具家電付き賃貸