マンスリーマンションにかかる費用と契約方法徹底解説【Q&A付】

マンスリーマンションにかかる費用と契約方法徹底解説【Q&A付】

マンスリーマンションの費用

マンスリーマンション居住にかかる費用は、賃料以外に大きく水道光熱費、清掃費、管理費、インターネット費、その他費用この5つほどです。
敷金礼金・保証金などはかからないの?と思う方もいらっしゃると思いますが、普通賃貸と違い、短期滞在を目的としているマンスリーマンションはこれらの費用がかかりません。

主な費用

1.水道光熱費

マンスリーマンションの水道光熱費は定額設定のため、使った量による変動はありません。ただし、過度に使いすぎると、追加で請求される場合があるので注意が必要です。また、複数人で利用する場合も料金が変動する可能性があるので、事前に調べておくと良いでしょう。

2.清掃費

マンスリーマンションの清掃費は、普通賃貸と違い基本的には初期費用として組み込まれています。
価格はお部屋の契約日数により計算されます。
9000円~/月などのように、ある程度の利用期間で区切った上で金額が設定されているケースが多いです。
マンスリーマンション二は基本的に「初期費用」として清掃費が設定されているため、比較ポイントとしてしっかり料金を確認しておきましょう。
NOW ROOMの場合、清掃費は基本一律5000円と相場よりも低くなっています。費用を抑えたい方はオススメです。

3.管理費

管理費とは、普通賃貸の共益費のようなもので、廊下やゴミ捨て場などの共有スペースの清掃や修復、建物の維持費・修復費のために充てられる費用です。管理費は業者にもよりますが、一日当たり管理費も1日あたりの金額が設定されていることが多いです。物件により管理費を取らないところもありますので、費用を抑えたい方はそういった物件を探すのをお勧めします。
NOW ROOMの表示価格には、管理費が含まれています。追加で請求されることは原則ありません。

4.インターネット費用

マンスリーマンションのWif環境は管理会社や物件によって異なりますが、家賃や管理費にインターネット費用が含まれているところが多いです。物件によって、Wifiルーターが置いてある、Wifiの端末を貸し出すなどと環境もことなるので設備情報も事前に確認しましょう。また、Wifi環境が整ってない場合は追加費用がかかることもあるので、その点にも注意しましょう。

5.その他費用

上記の費用以外にも運営会社により仲介手数料や鍵交換費など、さまざまな追加費用がかかることがあります。賃料自体は安くても、その他の費用を考慮すると別の物件よりも高額なケースも多々あります。ですので、トータルでいくら費用がかかるのか事前にしっかりと確認しましょう。

NOW ROOMの場合は月額料金以外に清掃費5000円のみ、表示価格内に全てが含まれている明朗会計です。仲介手数料もかからず、お得にマンスリー賃貸への入居が可能です。

マンスリーマンションは結局安いの?

月額料金だけを見ると、普通賃貸などと比べると高いように感じます。しかしながら、
・家具・家電が備え付けてあるため、自分で購入する必要がない
・家具・家電が備え付けてあるため、引っ越し費用も安く抑えられる
・敷金礼金・仲介料などが不要
これらの点を考慮すると、一週間~数か月の短期滞在にはマンスリーマンションのほうがお得だといえるでしょう。

また、マンスリーマンションは基本的に1か月以上居住する場合は消費税はかからないため、旅館やホテルに滞在するよりも安いといえるでしょう。
どのくらいの期間ならマンスリーマンションのほうがお得か知りたい方はこちらの記事をご覧ください
【徹底比較】マンスリーマンション・普通賃貸・ホテルの相場比較!お得なのはどれ?

マンスリーマンションの契約方法 審査等もあるの?


ここからはマンスリーマンションの契約に必要な手順を紹介していきます。
マンスリーマンションの契約は
1.物件探し 2.空室状況確認・予約 3.申し込み手続き 4.利用料金支払い 5.鍵の受け渡し
この5ステップが完了したら入居可能です。

マンスリーマンション契約手順

1 物件探し

マンスリーマンションのお部屋探しは地域の不動産屋よりも、専用サイトやアプリ内で調べる方が良いでしょう。例えばGoogleで「マンスリーマンション 東京」と検索すると、様々なサービスから自分に合ったお部屋を見つける事が可能です。
普通賃貸と違い、マンスリーマンションは内見が不可な物件も多いため、間取り、立地、備え付きの家具・家電についてもしっかり調べておく必要があります。
また、初期費用の確認も重要です。賃料以外にも、初期費用として、上記費用はかかってきます。賃料が安くても、その他の仲介手数料・鍵交換費などの追加費用が掛かりトータルでは別の物件高くなってしまうことも多々あります。

NOW ROOMのマンスリーマンション掲載物件数は10万室以上と業界NO.1、費用も表示価格に全て含まれていて安心です。マンスリーマンションのお部屋探しに是非活用してみてください。

2 空室状況の確認・予約

希望の物件が見つかったら、空室確認をしましょう。空室確認ができたら、申し込みですが、通常電話やFAX、申し込みフォームでのやり取りになります。
NOW ROOMなら完全オンライン完結で最短即日入居可能です。

3 申し込み手続き

管理会社によって申し込み方法も変わってくるので、管理会社の指示に従ってください。多くの場合、申し込みに際して契約者、入居者情報(必要に応じて身分証明書など)を送信する必要があります。
また、管理会社や物件によっては緊急連絡先を求められることがありますが、親兄弟や配偶者などの中で、日中連絡がつきやすい連絡先を書くのが望ましいでしょう。運営会社によって異なりますが、一般的には運転免許証や写真付きのマイナンバーカードなどの写真付きの公的な身分証明書の写しが求められます。

NOWROOMの場合、申し込み手続きは基本的に本人確認書類の1つをアプリ内でアップロードするのみで完了します。簡単にすぐ入居したい方におススメです。

4 利用料金の支払い

審査を無事に通過すると、いよいよ契約です。契約書を取り交わした後、初期費用の支払いをすれば契約手続きが完了します。マンスリーマンションの初期費用は基本的に一括前払いです。そのため普通賃貸と比べ、入居審査が本人確認書類のアップロードだけで完了するなど、あまり厳しくないです。
支払い方法としては主に、銀行振り込み、クレジットカード決済、コンビニ決済、運営会社にて支払いの4つです。

5 鍵の受け渡し

鍵の受け渡し方法は運営会社、部屋により違ってきます。指定の方法で受け取りましょう。
また、入居前の荷物の搬送が可能かどうかは、運営会社に直接問い合わせておくとスムーズな引っ越しができるでしょう。

契約に関してまとめ

マンスリーマンションの契約手順は上記の通りです。普通賃貸と比べると、契約にかかる手間はかなり少なく、スムーズに入居できるといえるでしょう。しかしながら、郵送などでのやりとりもあるので、たいていは手続きに1週間以上はかかります。早めの準備を心掛けましょう。
NOWROOMの場合は物件の検索から、入居までの手続きをすべてアプリ内で完結できます。アプリ内で完結するため、スムーズな入居手続き、最短で即日入居も可能です。簡単かつ、スムーズに入居手続きを済ませたい方にはおすすめです!

マンスリーマンションの契約に関する FAQ

Q.審査はあるの?

A.審査はありますが、利用料金が基本的に前払いなこともあり普通賃貸に比べるとかなり通りやすいです。身分証明書1枚の提出で審査が完了します。

Q.クレジットカードや連帯保証人がいなくても契約可能?

A.連帯保証人なしで契約できる場合も多くあります。連帯保証人を必要とする場合でも、クレジットカードがあれば連帯保証人は不要となる場合も少なくありません。さらには、クレジットカードなし連帯保証人なしでも、代わりに契約してくれる人や会社があれば契約が可能となる場合があります。
NOW ROOMは基本クレジットカード決済の為、ご不明な点等ございましたらアプリチャットから問い合わせをお願いします。

Q.未成年や学生も契約できる?

A.未成年や学生の方は、基本的に契約者が両親などの保護者でないと契約できないことが一般的です。親(保護者)の同意書か保証人がいれば未成年本人が契約できる場合もあります。

Q.・複数人や子連れでも入居できる?

A.物件にもよりますが、複数人の入居も可能です。
しかし、複数人がマンスリーマンションに滞在する時には、物件によっては詳細な契約内容が決められていることがあるため単身者以上に注意が必要です。同居予定者が子供の場合であっても、入居に必要な手続きや費用が発生する可能性があります。
NOW ROOMの場合、最大入居可能人数を物件ページにてご確認ください。

Q.契約の延長はできる?

A.可能です。その際、入居予定者がいるかどうかの確認、延長のために再度契約手続きが必要となります。ですので、契約延長を決定した段階で早急に管理会社に問い合わせるようにしましょう。

Q.契約の途中解約はできる?

A.途中解約可能かどうかは契約書の記載内容次第となります。多くの場合は、途中解約の予告期間を設けて(例えば解約希望日の1ヶ月前までに申し出ることなど)途中解約に応じるのが普通です。また途中解約に応じても、解約日から契約満了日までの日数に応じて(上限あり)違約金を請求される場合が多く、返金されないか、もし返金されても少額にとどまることが多いです。
この際、どれほど短期間の利用であっても、清掃費用が必要となること、入居前であっても、契約をしてしまっている時には違約金やキャンセル費用が発生する可能性があることには注意しておくべきでしょう。
NOW ROOMの場合、ご不明な点等ございましたらアプリチャットから問い合わせをお願いします。

Q.マンスリーマンションは消費税の課税対象になる?

A.利用目的や形態によって変わります。具体的には、「住宅の貸付」と判断されるかがポイントです。国税庁の基準では使用期間が1ヶ月を越える場合は「住居の貸し付け」に該当し、非課税となります。ですので、一か月以上の利用をする場合、マンスリーマンションは基本的に消費税はかかりません。

まとめ

ここまで、マンスリーマンションの費用や、契約方法などご紹介してきました。
数か月以下の短期滞在なら基本的にマンスリーマンションが優れているといえるでしょう。上記の情報を参考にしつつ、あなた自身の生活シーンに合わせてマンスリーマンションを上手に活用しましょう。

この記事をシェアする

NOW ROOM編集部

著者: NOW ROOM編集部

長期出張などにも便利なウィークリー/マンスリーマンションに関する情報を発信していきます。 NOW ROOMとはウィークリー/マンスリーマンション掲載物件数都内No.1のお部屋探しプラットフォームです。

NOW ROOM編集部

フォロー

Contact

NOW ROOMへのお問い合わせ

専任のコンシェルジュがサポートさせて頂きますので、お部屋探しでお困りのことがありましたらお気軽にご連絡ください。

アプリをダウンロードすると入居・退去がスムーズに!

1ヶ月から住める家具家電付き賃貸
法人様向け家具家電付き賃貸