NOW ROOM
掲載のご相談

インタビュー

Interview

[NOW ROOM :オーナー様インタビュー vol.3]
不動産のプロが推薦!「コンビネーション経営に、NOW ROOMの導入を」

インタビュー NOW ROOM広報

NOW ROOMが賃貸業界No.1のプラットフォーマーを目指して2020年5月18日にアプリサービスをリリースし、早くも5ヶ月を迎えました。現在、NOW ROOMのアプリには15,000人を超えるユーザーの方に登録・利用いただく他、全国に19,000室の多様なタイプのお部屋を掲載しており、日々掲載物件数は有難いことにかなりのスピードで拡大傾向にあります。これは一重に、オーナーの方が自社の売上拡大に向け、NOW ROOMを一つのソリューション(施策)として捉えてくださっていること、他なりません。

3回目を迎える今回のオーナー様インタビューは、不動産のプロで、様々なソリューションを駆使して売上アップを目指すコンビネーション経営を実践されている株式会社JAPAN PROPERTY nationwide代表の北山さんです。

北山さんは、「コンビネーション経営にNOW ROOMは必要不可欠になっている」とおっしゃいます。その真髄を伺いました。

北山さんは、2008年から不動産事業を開始し、オーナー様の収益を最大化するために民泊や不動産の運用代行をサービスの一つとされています。不動産投資運用ビジネスを通じて価値を創造することにより差別化を図り、事業を通じて社会に貢献することを社是としています。

[NOW ROOM]本日はお時間いただきありがとうございます。早速ですが、「コンビネーション経営にNOW ROOMは必要不可欠になっている」と冒頭から嬉しいコメントです(笑)これはどういった意味合いでしょうか。

[JAPAN PROPERTY nationwide]これ、本音ですからね(笑)!実はNOW ROOMを導入して以降、売上比率のNOW ROOMが占める割合が70%に至りまして。これには実際私も驚いているのですが、最初は私たちが管理している物件の売り上げの10%ほどをNOW ROOM経由で占めれればいいかなと。それが蓋を開けてみれば、売り上げの70%をNOW ROOMさんが占めてくれました。

2019年の今頃は100~200万円ほどの売り上げを出せる物件もありましたが、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)の猛威が始まってから、売り上げが激減の状態が続いていたので、とてもありがたかったです。

[NOW ROOM]なんと!売上比率の70%をNOW ROOMがご支援できたのですね。嬉しいです。では「コンビネーション経営」というのは?

[JAPAN PROPERTY nationwide]「コンビネーション経営」というのは、不動産運用におけるチャネルを複数使いこなすということです。1つに集中してもいけないし、依存してもいけない。というのも、私たちはオーナーの利益を最大化させることが目的です。そのためには、常に何が最善策か考え、タイムリーに講じていく必要があります。それも同時に何施策も活用しなければなりません。

[NOW ROOM]その経営スタイルにNOW ROOMを推薦くださっていますが、導入のきっかけをお聞きできますか?

[JAPAN PROPERTY nationwide] はい、そもそもコロナが始まる前から安定的に収益を得ることができるマンスリーの需要も欲しいなと考えていました。でも、マンスリーをしている業者って2、3社しかない上に、昔ながらの考え方を持っているところが多いなと。どうしようか悩んでいる時に、NOW ROOM営業の水野さんからお話を伺い、他サービスとのコンビネーションで経営をするにあたってピッタリなサービスだなと思い、提携させていただくことにしました。
とはいえ、少しリスクかな?と思ったところもありました。ゲストが宿泊料を滞納しながら退去しないこともあるのではないかと。そのために賃貸業者は敷金をとって滞納リスクをカバーしますが、NOW ROOMさんはどういう対応をするのかというところを、営業の水野さんにお伺いしたところ、「クレジットカード決済で月に1度支払いを落としますが、落ちなかった場合はこういう対策をとります」っていうことを明確に教えてくださり安心しました。真摯な対応を受けて、安心して導入することができましたね。

[NOW ROOM]売上拡大に向けたソリューションとしてのNOW ROOMはいかがでしょうか。

[JAPAN PROPERTY nationwide]まず何より新鮮でしたし、利用者目線でみても使いやすいですね。今までは電話の対応をしたり、免許証のコピーを出したりという細かいやり取りをしてきましたが、NOW ROOMはアプリでメッセージのやり取りをできて、OTAを使う感覚でできるっていうところが良いですね。そして、クレジットカードだけで審査を通したり、初期費用0円で部屋を借りられるなど、ユーザーにとっても使いやすい新しいサービスだなと魅力を感じます。
これほどの売り上げを占めてくれるとは思っていなかったので、他の物件にもぜひNOW ROOMさんを適応させていただきたいと考えています。

[NOW ROOM]ありがとうございます!それでは今後、NOW ROOMに期待することがあれば教えていただけますでしょうか。

現在も、多くの不動産案件について運用依頼の相談が来ていますので、NOW ROOMさんも使って更にオーナーさんの利益を最大化できたら、と願うばかりですね。

[NOW ROOM]最後に一言、この記事をお読みくださっている不動産業界の皆さんにメッセージをお願いします。

[JAPAN PROPERTY nationwide]私たちがNOW ROOMさんを使って良かったなぁと思うところの大きな一つは、スピード感や手軽さ、確実性、面倒くさくないっていうところです。すぐに話ができて、明日から早速始められるっていうスピード感は、不動産業界にはまだ足りないところです。これからハイブリッドとか、コンビネーションといった多種施策混合経営を考えている方にはNOW ROOMさんはとてもピッタリだと思っています。NOW ROOMさんが強みとしているそこの部分をまだまだ伸ばしていくことを期待しています!

[NOW ROOM]北山さん、本日はありがとうございました!今後もNOW ROOMは不動産業界のDXを推進するプラットフォーマーとして、JAPAN PROPERTY nationwideさんはじめ、皆さんの期待に添うサービスや価値の提供を目指してまいります。

株式会社JAPAN PROPERTY nationwide / JAPAN PROPERTY nationwide Inc.(英表記)

  • 設立:2018年
  • 所在地:東京都千代田区神田美土代町3-4 ニュー楓ビル1階
  • URL:https://jpnationwide.com/ja/#welcome
  • 代表者:北山幸朋
  • 事業内容:不動産投資運用ビジネスを主軸として、都市部と地方自治体、海外をフィールドに活動

掲載に関するお問い合わせ

contact

インタビュー

Interview